よくある質問

できます。
歓迎します。

どの地域の子どもでも参加可能です。
過去にも豊中市、尼崎市、高槻市、大阪市、京都から通っています。 

電話、メール、問合せフォームにてお申込みください。
24時間受付可能なメールと問合せフォームをお勧めしています。
運動のできるウェアとシューズ、水分、着替え、お持ちでしたらボールを持参してください。
体験活動に費用はかかりません。 

入会金、スポーツ保険代、年会費、月会費をいただきます。

できます。 

ジュニアはできません。
スクールはできます。 

かまいません。
選手登録があるスクールの場合は、他チームとの掛持ちと同じ扱いとなります。 

できます。

できます。
小さな頃から短時間でも勉強する習慣を身に付けておけば、中学生以降も自分の時間を効率よく使えるようになります。

誰でも出場できます。
ただし公式戦やいくつかの大会は違います。そういった場合、試合に出られない選手のために、会場で練習試合を増やしてもらうよう交渉したり、他の日にちの練習試合で出場時間を確保したり工夫をしています。

白いポロシャツの着用を推奨しています。
クラブの一員として責任ある行動を促す狙いがあります。

ありません。 

必要ありません。
送り迎えの付き添いのみでもかまいません。
子どものみで参加する場合は行き帰りの安全にご配慮ください。 

練習もしくは試合です。
イベントとしてサッカー以外のスポーツや親子サッカー、バーベキュー、社会経験のために動物園や植物園などに行くこともあります。
全て自由参加です。

徒歩2~5分以内の周辺にパーキングがあります。
南吹田市民体育館の駐車場は使用できません。

緩やかにならないようオーバーワークにならないようトレーニング設定をしています。
練習を通じてプレイヤーとして一個人としてたくましく成長して行きます。 

練習や試合はいつでも見に来てください。
また心配ごとがありましたらコーチにお尋ねください。

随時可能です。
変更のタイミングは月単位となります。

入会金、スポーツ保険代、年会費、月会費をいただきます。
 

自由参加です。
スクール生は土日の活動に月2回まで参加できます。
上手になるチャンスですので積極的にご活用ください。 

スクール生対象の合宿も年間に数度あります。
親元を離れる経験を通じて自立を目指します。
参加は自由ですが前向きに参加をご検討ください。

入会金、スポーツ保険代、年会費、月会費をいただきます。
土日は大会に出場する場合などは若干の費用を頂いています。
 

土日は自由参加ですので全て参加できなくてもかまいません。
ジュニアクラスの土日の活動はさらに成長するためのチャンスですので積極的な参加を勧めています。 

年間を通じて行います。
低学年は親元を離れる経験を通じて自立を目指します。
高学年は自立した行動を基にサッカーのレベルアップを目指します。
参加は自由です。  

練習、試合が終わるまではご遠慮いただいています。
アドバイスだけでなく世話をするような行為も極力慎んでいただいています。
サッカーの時間はプレイヤーがコーチと一緒にチャレンジして成長する大切な時間です。
温かく見守っていただきますようお願いしています。 

プレイヤーが勝ち負けにこだわることは成長するための要素です。
ですがプレイヤーが成長することと、チームが勝利することは必ずしも同じではありません。
場合によっては相反するときもありますので、プレイヤーの将来を優先した指導を行います。 

 仲間や他人を大切にしない行動に対しては厳しく臨みます。
 「自分には出来ない」「どうせ無理だ」と諦めてしまうような、自分を大切にしない姿勢に対しても厳しい態度を取る事があります。
 反対に積極的なチャレンジに対しては称賛を送ります。

子どもが集まれば何らかのトラブルは必ず起きます。コーチも注意していますが、目の届かないところでもいさかいが起こることがあります。
保護者の方が気づかれた時はコーチに伝えてください。
トラブルの解決を通じて子供の成長のきっかけにして行きます。トラブルを子供の成長のプラスに変えるためには、保護者の方のご理解とご協力が欠かせません。

詳細を書くことはできませんが、プレイヤーたちで決めることにメリットがあるからです。  

基本的に現地集合ですが、送り迎えが困難な方のためにクラブで出来る限り送迎を行っています。現地集合される方との整合性を取るために送迎代をいただき、クラブの活動費として補てんされます。

戻ることができます。
入会も退会も自由に行うことができます。

平日の活動時に、グラウンド状態が悪い場合に活動を中止扱いにして自由参加の活動を行うことがあります。
グラウンドの状態が悪いと十分な活動を行うことが出来ません。そのような活動を無理に行うよりも、活動を中止して後日振替をしてもらうようにして、その上で自由参加の活動を行い子どもにサッカーをする時間と場所を確保するようにしています。

ゲームやトレーニング中にプレイヤーに貼り付いて指示を送り続けることです。
熱くなり過ぎた保護者の方がこの状態に陥ることがあります。
プレイヤーの自主的な判断力と自立を養うことができなくなりますし、指導の妨げにもなります。
保護者の方にはサイドコーチを控えて頂くよう強くお願いしています。 

コツコツと努力をすること、工夫をすること、目的意識を持つことです。 

無理をせずに休むのも良いですし、頑張って練習に来るのも良い事です。
自分の心と向き合えば自分の甘えや強さを見つけて成長できます。

頑張れば公式戦に出られるということはありません。
かと言って上手なら頑張らなくても試合に出られるのかと言うとそうでもありません。
「頑張る」ことと「公式戦に出る」ことに結び付けようとすると、少し歪な考えになりやすくなります。「なぜ努力をするのか」ということに対して保護者も理解しておく必要があります。
選手の頑張りに報いることができるようコーチも頑張ります。 

ジュニア所属のプレイヤーは費用はかかりません。
スクール生は費用が必要になります。 

ミニサッカーに似ていますが個人戦術、グループ戦術を学ぶ上で大きな役に立つ競技です。
フットサルを正しく理解して指導することで、ジュニア年代の成長に大きな効果をもたらします。